購入前に目次をご確認ください

Wedge 2023年3月号

ウェッジ / 2023年02月20日 / 全86ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 目次
  • 金融政策の転換 揺らぐ低金利 企業・国民が持つべき意志(小黒一正 法政大学経済学部 教授)
  • フェムテックの成長を好機に女性の“困り事”と向き合う時(編集部)
  • COLUMN 「乳がん検診」というプレゼント(編集部)
  • 特集多死社会を生きる
  • 【Part 1 地盤沈下する葬儀・火葬】東京圏の葬送事情 生の出口と死の入り口をつなげ(編集部)
  • 【Part 2 変わる終末期医療】“病院信仰”から脱却し、「死」を受け入れる医療へ(浅川澄一 福祉ジャーナリスト)
  • 【Part 3 多様化する墓】個人でお墓を持たないという選択(編集部)
  • COLUMN お墓問題も「福祉政策」にすべき(小谷みどり シニア生活文化研究所 代表理事)
  • 【Part 4 消滅する寺院】人口減少で“寺院消滅”の危機 「地域に開く」役割を取り戻せ(鵜飼秀徳 ジャーナリスト)
  • COLUMN 「坊主バー」の店主が描くお寺の近未来(編集部)
  • 【Part 5 サイエンス×死生観】INTERVIEW 生物はなぜ死ぬのか? AIが人間の進化を止める(小林武彦 東京大学定量生命科学研究所ゲノム再生研究分野 教授)
  • 【Part 6 「死ぬ権利」の歴史】「多死社会だから安楽死」が日本人に不向きな理由(宮下洋一 ジャーナリスト)
  • [一冊一会 特別編] 書籍でめぐる死生観(足立倫行 ノンフィクション作家編集部)
  • 【Part 7 法医学の窮状】「死者の声」を社会に還元 死因究明制度の強化は急務(山田敏弘 国際ジャーナリスト)
  • 【Part 8 葬送の過去・現在・未来】変わる日本人の死生観 生者と死者をつなぐ新たな物語を(佐藤弘夫 東北大学大学院文学研究科 教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学実践編(佐々木周作) 行動経済学・実践の「過去・現在」
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 秘密警察が阻止したマルクスの共産主義革命
  • 特集ウクライナ侵攻から1年 日本が学ぶべき教訓
  • 【PART 1】侵略国はなくせない この戦争が突き付けた厳しい現実(東野篤子 筑波大学人文社会ビジネス科学学術院 教授)
  • 目次
  • 金融政策の転換 揺らぐ低金利 企業・国民が持つべき意志(小黒一正 法政大学経済学部 教授)
  • フェムテックの成長を好機に女性の“困り事”と向き合う時(編集部)
  • COLUMN 「乳がん検診」というプレゼント(編集部)
  • 特集多死社会を生きる
  • 【Part 1 地盤沈下する葬儀・火葬】東京圏の葬送事情 生の出口と死の入り口をつなげ(編集部)
  • 【Part 2 変わる終末期医療】“病院信仰”から脱却し、「死」を受け入れる医療へ(浅川澄一 福祉ジャーナリスト)
  • 【Part 3 多様化する墓】個人でお墓を持たないという選択(編集部)
  • COLUMN お墓問題も「福祉政策」にすべき(小谷みどり シニア生活文化研究所 代表理事)
  • 【Part 4 消滅する寺院】人口減少で“寺院消滅”の危機 「地域に開く」役割を取り戻せ(鵜飼秀徳 ジャーナリスト)
  • COLUMN 「坊主バー」の店主が描くお寺の近未来(編集部)
  • 【Part 5 サイエンス×死生観】INTERVIEW 生物はなぜ死ぬのか? AIが人間の進化を止める(小林武彦 東京大学定量生命科学研究所ゲノム再生研究分野 教授)
  • 【Part 6 「死ぬ権利」の歴史】「多死社会だから安楽死」が日本人に不向きな理由(宮下洋一 ジャーナリスト)
  • [一冊一会 特別編] 書籍でめぐる死生観(足立倫行 ノンフィクション作家編集部)
  • 【Part 7 法医学の窮状】「死者の声」を社会に還元 死因究明制度の強化は急務(山田敏弘 国際ジャーナリスト)
  • 【Part 8 葬送の過去・現在・未来】変わる日本人の死生観 生者と死者をつなぐ新たな物語を(佐藤弘夫 東北大学大学院文学研究科 教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学実践編(佐々木周作) 行動経済学・実践の「過去・現在」
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 秘密警察が阻止したマルクスの共産主義革命
  • 特集ウクライナ侵攻から1年 日本が学ぶべき教訓
  • 【PART 1】侵略国はなくせない この戦争が突き付けた厳しい現実(東野篤子 筑波大学人文社会ビジネス科学学術院 教授)
  • 【PART 2】ロシアの「Z」に意味はない 21世紀に復権するシンボル政治(佐藤卓己 京都大学大学院教育学研究科 教授)
  • 【PART 3】「平和な戦後」は訪れるのか? 戦争の行方を読み解く(鶴岡路人 慶應義塾大学総合政策学部 准教授 × 服部倫卓 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 教授)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 酪農発祥の歴史を現代につなぐ 牛乳の高付加価値化
  • 「有事」に無力な日本の電波法 ドローン活用に必要な覚悟(部谷直亮 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員編集部)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) ルールと常識、行儀を守る「良い子」 ブルー段階の「島耕作」
  • 1918⇔20XX 歴史は繰り返す(増永真悟) 諜報の本分を見失った戦間期日本 稚拙な対ソ連秘密工作
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『田中耕太郎』 牧原 出
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • さらばリーマン(溝口敦) 「映画少年」から経営者へ 選球眼を武器に新たな道を拓く鈴木 仁さん(ミッドシップ代表取締役)
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『私の昭和史 二・二六事件異聞』 末松太平
  • Letter 未来の日本へ(河合香織) “感動”という新たな一皿は「変化」と「挑戦」の先にある岸田周三 「カンテサンス」オーナーシェフ
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2024年06月17日

総合ランキング
2024年06月17日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play