購入前に目次をご確認ください

Wedge 2023年11月号

ウェッジ / 2023年10月20日 / 全100ページ

特集/日本の教育が危ない 子どもたちに「問い」を立てる力を
明治国家の誕生以来、知識詰め込み型の画一的な教育が行われ、日本社会には「正解主義」が蔓延する。時を経て、令和の日本は、数々の前例のない課題に直面し、従来の延長線上に正解が見出しにくく、「自らが問いを立て、解決する力」が求められる時代になっている。一方、現代を生きる子どもたちの状況はどうか。学校教育は「質の低下」が取り沙汰され、子どもたちは外遊びよりも、塾通い、宿題に次ぐ宿題で、すき間時間がない。本当に、このままでいいのだろうか。

目次

  • 目次
  • 高まる地政学リスク 日本は新たな「グローバル化」を生かせ(中島厚志 新潟県立大学国際経済学部 教授)
  • 日本メーカーの凋落は深刻 激変する家電産業の地政学(関口和一 MM総研 代表取締役所長)
  • 誰のため? 何のため? 新たな洋上風力入札に異議(朝野賢司 電力中央研究所社会経済研究所 副研究参事佐藤佳邦 電力中央研究所社会経済研究所 上席研究員)
  • COLUMN 問われる産学連携 求められる「公正さ」や「誠実さ」(編集部)
  • 特集日本の教育が危ない 子どもたちに「問い」を立てる力を
  • PART 1 前例なき時代に“正解主義”が蔓延する日本(編集部)
  • INTERVIEW 1 「自ら問いを立てる」ことは決して生易しいことではない(先﨑彰容 日本大学危機管理学部 教授)
  • PART 2 首都圏の中学受験最前線 母親、子どもたちの“本音”とは(小林美希 ジャーナリスト)
  • PART 3 拝啓 日本の皆様 教育の力で国家の再構築を(李 一諾 一土学校創設者)
  • INTERVIEW 2 詰め込み型暗記教育の転換期 国に求められる“指導力”(広田照幸 日本大学文理学部 教授)
  • COLUMN 1 私たちの「声」を聴いて! 学校現場はこんなに忙しい(編集部)
  • PART 4 子どもたちに生きる力を「三つのカン」を育てるには(和田重宏 寄宿生活塾「はじめ塾」 二代目塾長)COLUMN 2 市間寮で見た社会の縮図(編集部)
  • INTERVIEW 3 脳科学の視点で考える「自然」に触れたり「実体験」する意義(小泉英明 東京大学先端科学技術研究センター フェロー・ボードメンバー)
  • PART 5 日本と違う米国の公教育「1億総事務員」教育から脱却せよ(冷泉彰彦 作家・ジャーナリスト)
  • COLUMN 3 危機に瀕する「外遊び」子どもの遊び場確保が急務(編集部)
  • PART 6 国語力の衰退は国家の衰退 今こそ求められる大人の責任(石井光太 ノンフィクション作家)
  • COLUMN 4 子どもたちの「なぜ?」を刺激 民間支援の新たな教育の形(編集部)
  • PART 7 教育者主体から学習者主体へ 新たな一歩を踏み出す時(編集部)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 思い出こそ人生最良の資産 フリーレンが示す追憶の価値
  • 目次
  • 高まる地政学リスク 日本は新たな「グローバル化」を生かせ(中島厚志 新潟県立大学国際経済学部 教授)
  • 日本メーカーの凋落は深刻 激変する家電産業の地政学(関口和一 MM総研 代表取締役所長)
  • 誰のため? 何のため? 新たな洋上風力入札に異議(朝野賢司 電力中央研究所社会経済研究所 副研究参事佐藤佳邦 電力中央研究所社会経済研究所 上席研究員)
  • COLUMN 問われる産学連携 求められる「公正さ」や「誠実さ」(編集部)
  • 特集日本の教育が危ない 子どもたちに「問い」を立てる力を
  • PART 1 前例なき時代に“正解主義”が蔓延する日本(編集部)
  • INTERVIEW 1 「自ら問いを立てる」ことは決して生易しいことではない(先﨑彰容 日本大学危機管理学部 教授)
  • PART 2 首都圏の中学受験最前線 母親、子どもたちの“本音”とは(小林美希 ジャーナリスト)
  • PART 3 拝啓 日本の皆様 教育の力で国家の再構築を(李 一諾 一土学校創設者)
  • INTERVIEW 2 詰め込み型暗記教育の転換期 国に求められる“指導力”(広田照幸 日本大学文理学部 教授)
  • COLUMN 1 私たちの「声」を聴いて! 学校現場はこんなに忙しい(編集部)
  • PART 4 子どもたちに生きる力を「三つのカン」を育てるには(和田重宏 寄宿生活塾「はじめ塾」 二代目塾長)COLUMN 2 市間寮で見た社会の縮図(編集部)
  • INTERVIEW 3 脳科学の視点で考える「自然」に触れたり「実体験」する意義(小泉英明 東京大学先端科学技術研究センター フェロー・ボードメンバー)
  • PART 5 日本と違う米国の公教育「1億総事務員」教育から脱却せよ(冷泉彰彦 作家・ジャーナリスト)
  • COLUMN 3 危機に瀕する「外遊び」子どもの遊び場確保が急務(編集部)
  • PART 6 国語力の衰退は国家の衰退 今こそ求められる大人の責任(石井光太 ノンフィクション作家)
  • COLUMN 4 子どもたちの「なぜ?」を刺激 民間支援の新たな教育の形(編集部)
  • PART 7 教育者主体から学習者主体へ 新たな一歩を踏み出す時(編集部)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 思い出こそ人生最良の資産 フリーレンが示す追憶の価値
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 暗号解読組織に制された大戦 日本が学ぶべき歴史の教訓
  • 加速するヤングケアラー支援 理念だけでは語れない[後編](大山典宏 高千穂大学人間科学部 教授)
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連)『前の家族』 青山七恵
  • 一冊一会
  • 台湾有事に備えるために 日本に必須の“新発想”と“多様性”
  • PART 1 日本の想定、ここが足りない 島国ゆえの「脆弱性」直視を(渡邊剛次郎 元海将・元横須賀地方総監・日本戦略研究フォーラム 政策提言委員)
  • PART 2 有事における邦人輸送は至難 「政府公船」活用に解を見出せ(武居智久 日本戦略研究フォーラム 顧問)
  • PART 3 感情的な中国脅威論やめ “正しく恐れる”ために必要な視点(量産型カスタム氏 技術者・研究者・ハッカー)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 英国のCPTPP加盟を機に世界貿易体制の再興を図れPART 1 世界に示した英国の戦略と地政学上のメリットとは?(ステファン・ウールコック ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス[LSE] 特別研究員)
  • PART 2 日英関係、新ステージへ 英国加盟の三つの意義(渡邊頼純 藤女子大学 特任副学長)
  • 誰かに話したくなる経営学(岩尾俊兵) KPIはいらない!? 業績測定の不都合な真実
  • 偉人の愛した一室(羽鳥好之) 北大路魯山人「八勝館」(愛知県名古屋市)
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『一人一殺 血盟団事件・首謀者の自伝』 井上日召
  • 商いのレッスン(笹井清範) 商品の価値を伝える秘訣
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • フィクサー(真山 仁) 第一章 乱闘
  • モノ語り。(水代優) 料理しながら考えた「あったらいいもの」 野田琺瑯
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2024年06月21日

総合ランキング
2024年06月21日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play