購入前に目次をご確認ください

インプレス[コンピュータ・IT]ムック Rustプログラミング完全ガイド 他言語との比較で違いが分かる!

インプレス / 2022年09月28日 / 全431ページ

Rustは、C/C++の後継と位置づけられるプログラミング言語で、性能やメモリ安全性を重視しています。本書は、500以上のサンプルとその実行結果を示しつつ、各手法や考え方を幅広く解説した、全24章の包括的なチュートリアルです。まず最小級のサンプルから説明を開始し、その後は、さまざまな構文・機能や特徴的な振る舞いについて多数のテーマを取り上げています。関数/メモリの割り当て/オブジェクト指向についてもカバーしており、Rustの基礎から包括的に理解するのに格好の一冊となっています。

目次

  • サンプルコード正誤表などについて
  • 献辞
  • 著者についてテクニカルレビュアー
  • まえがき
  • 第1章 Rustを始めよう
  • 第2章 数値演算などの基本を把握しよう
  • 第3章 オブジェクトに名前を付ける
  • 第4章 実行の流れを制御する
  • 第5章 データシーケンスを使う
  • 第6章 基本のデータ型を使う
  • 第7章 列挙と照合
  • 第8章 混成的なデータ構造を使う
  • 第9章 関数を定義する
  • 第10章 ジェネリックな関数や型を定義する
  • 第11章 メモリを割り当てる
  • 第12章 データの実装
  • 第13章 クロージャを定義する
  • 第14章 変更可能な文字列を使う
  • 第15章 範囲とスライス
  • 第16章 イテレータを使う
  • サンプルコード正誤表などについて
  • 献辞
  • 著者についてテクニカルレビュアー
  • まえがき
  • 第1章 Rustを始めよう
  • 第2章 数値演算などの基本を把握しよう
  • 第3章 オブジェクトに名前を付ける
  • 第4章 実行の流れを制御する
  • 第5章 データシーケンスを使う
  • 第6章 基本のデータ型を使う
  • 第7章 列挙と照合
  • 第8章 混成的なデータ構造を使う
  • 第9章 関数を定義する
  • 第10章 ジェネリックな関数や型を定義する
  • 第11章 メモリを割り当てる
  • 第12章 データの実装
  • 第13章 クロージャを定義する
  • 第14章 変更可能な文字列を使う
  • 第15章 範囲とスライス
  • 第16章 イテレータを使う
  • 第17章 入出力とエラー処理
  • 第18章 データのカプセル化[メソッドとモジュール]
  • 第19章 トレイトを使う
  • 第20章 オブジェクト指向プログラミング
  • 第21章 標準ライブラリのコレクション
  • 第22章 所有権、移動、コピー
  • 第23章 借用とライフタイム
  • 第24章 さらにライフタイムについて
  • 参考文献
  • 索引
  • 訳者プロフィールSTAFF LIST
  • 奥付

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「パソコン・モバイル」
2022年11月29日

総合ランキング
2022年11月29日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play