購入前に目次をご確認ください

Wedge 2022年7月号

ウェッジ / 2022年06月20日 / 全88ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 目次
  • ソ連の遺産を損なうプーチン ロシア社会に不足する「力」(山添博史・防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室 主任研究官)
  • 習政権のスローガンに惑わされず中国の実態を見極めよ(梶谷 懐・神戸大学大学院経済学研究科 教授)
  • 日本を目指す外国人労働者 これ以上便利使いするな 【Introduction】日本社会の本当の課題から目を背けるな(編集部)
  • Part 1 あえて問う 外国人なしで日本社会は成り立たないのか?(出井康博・ジャーナリスト)Column 1 “安いニッポン”を支える外国人労働者たち(編集部)
  • Part 2 ときに「大胆」で「したたか」な外国人労働者の“実像”に迫る(安田峰俊・ルポライター)
  • Part 3 移民政策を大転換した韓国 日本も“矛盾”から脱却する時(李 惠珍・日本国際交流センター シニアプログラムオフィサー)Column 2 「勤勉さが失われつつある」ベトナム人尼僧が見る日本社会(ティック・タム・チー 在日ベトナム仏教信者会 会長)
  • Part 4 再考・技能実習制度 「建前論」はもうやめよう(編集部)Column 3 日本はすでに「移民社会」 現実踏まえオープンな議論を(鈴木江理子・国士館大学文学部 教授)
  • Part 5 付加価値を生み出すのは「人」 外国人高度人材が輝く現場(編集部)
  • Part 6 なし崩し的外国人労働者受け入れに終止符を打て!(出井康博・ジャーナリスト× 高橋信行・NTグループ代表× 倉田良樹・福知山公立大学地域経営学部 教授)Opinion 日本人が外国人に便利使いされる日(編集部)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学実践編(佐々木周作) 要支援者からの確認書返送率を上げるには?
  • 止まらぬ円安 耐える国民 機運を変える3つの処方箋(唐鎌大輔 みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト)
  • 日本が抱える色覚の課題 宇宙飛行士にも“多様性”の確保を(川端裕人 ノンフィクション作家・小説家)
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 亡き父の思いをカタチに 「雨の日を楽しくする」傘づくり
  • 高齢者の「健康・幸福長寿」実現へ カギを握るフレイル予防(飯島勝矢 東京大学高齢社会総合研究機構長・未来ビジョン研究センター教授)COLUMN 健康長寿のその先へ フレイル予防が生み出す地域交流(編集部)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 露の侵攻で新局面を迎えたインテリジェンス戦争(前篇)
  • ますます進む若者の政治離れ 日本は民主主義を守れるか(編集部)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 「地動説」に命をかける『チ。』に学ぶ自己決定能力の確立
  • 【最終回】世界の記述
  • 目次
  • ソ連の遺産を損なうプーチン ロシア社会に不足する「力」(山添博史・防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室 主任研究官)
  • 習政権のスローガンに惑わされず中国の実態を見極めよ(梶谷 懐・神戸大学大学院経済学研究科 教授)
  • 日本を目指す外国人労働者 これ以上便利使いするな 【Introduction】日本社会の本当の課題から目を背けるな(編集部)
  • Part 1 あえて問う 外国人なしで日本社会は成り立たないのか?(出井康博・ジャーナリスト)Column 1 “安いニッポン”を支える外国人労働者たち(編集部)
  • Part 2 ときに「大胆」で「したたか」な外国人労働者の“実像”に迫る(安田峰俊・ルポライター)
  • Part 3 移民政策を大転換した韓国 日本も“矛盾”から脱却する時(李 惠珍・日本国際交流センター シニアプログラムオフィサー)Column 2 「勤勉さが失われつつある」ベトナム人尼僧が見る日本社会(ティック・タム・チー 在日ベトナム仏教信者会 会長)
  • Part 4 再考・技能実習制度 「建前論」はもうやめよう(編集部)Column 3 日本はすでに「移民社会」 現実踏まえオープンな議論を(鈴木江理子・国士館大学文学部 教授)
  • Part 5 付加価値を生み出すのは「人」 外国人高度人材が輝く現場(編集部)
  • Part 6 なし崩し的外国人労働者受け入れに終止符を打て!(出井康博・ジャーナリスト× 高橋信行・NTグループ代表× 倉田良樹・福知山公立大学地域経営学部 教授)Opinion 日本人が外国人に便利使いされる日(編集部)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学実践編(佐々木周作) 要支援者からの確認書返送率を上げるには?
  • 止まらぬ円安 耐える国民 機運を変える3つの処方箋(唐鎌大輔 みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト)
  • 日本が抱える色覚の課題 宇宙飛行士にも“多様性”の確保を(川端裕人 ノンフィクション作家・小説家)
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 亡き父の思いをカタチに 「雨の日を楽しくする」傘づくり
  • 高齢者の「健康・幸福長寿」実現へ カギを握るフレイル予防(飯島勝矢 東京大学高齢社会総合研究機構長・未来ビジョン研究センター教授)COLUMN 健康長寿のその先へ フレイル予防が生み出す地域交流(編集部)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 露の侵攻で新局面を迎えたインテリジェンス戦争(前篇)
  • ますます進む若者の政治離れ 日本は民主主義を守れるか(編集部)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 「地動説」に命をかける『チ。』に学ぶ自己決定能力の確立
  • 【最終回】世界の記述
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年』 石野裕子
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(板橋拓己) ナチ台頭許した「ヴァイマル共和国」 社会の分断が招く破滅
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『ぶっちゃけ、誰が国を動かしているのか教えてください』 西田亮介
  • 一冊一会
  • さらばリーマン(溝口敦) 目指すは業界での有名人 窓と庭で勝負する男の野望巾 竜介さん・ワイドアルミ代表取締役
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2022年11月29日

総合ランキング
2022年11月30日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play