購入前に目次をご確認ください

Wedge 2022年1月号

ウェッジ / 2021年12月20日 / 全92ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • ONCE UPON A TIME 「 歳」(生津勝隆)
  • 目次
  • 基盤揺らぐバイデン政権 今こそ求められる日本の“主体性”(秋元諭宏・米国笹川平和財団会長兼理事長)
  • 中国と本気で戦うインド 日本はどれだけ理解しているか(長尾賢・米ハドソン研究所 研究員)
  • 破裂寸前の国家財政 それでもバラマキ続けるのか 【マンガでみる近未来】高騰する物価に安保にも悪影響 財政破綻後の日常とは?(漫画・芳乃ゆうり 編集協力・Whomor Inc. 原案文・編集部) Part 1 現実味増す財政危機 求められる有事のシミュレーション(佐藤主光・一橋大学大学院経済学研究科教授)Part 2 「脆弱な資本主義」と「異形の社民主義」 日本社会の不幸な融合 【コラム】飲み会と財政民主主義(藤城 眞・SOMPOホールディングス 顧問)
  • COLUMN 1 お金の歴史から見えてくる人間社会の本質とは?(大村大次郎・元国税調査官)Part 3 平成の財政政策で残された課題 岸田政権はこう向き合え(土居丈朗・慶應義塾大学経済学部 教授)Part 4 “リアリティー”なきMMT論 負担の議論から目を背けるな(森信茂樹・東京財団政策研究所研究主幹)COLUMN 2 小さなことからコツコツと 自治体に学ぶ「歳出入」改革(編集部)
  • Part 5 膨らみ続ける社会保障費 前例なき“再構築”へ決断のとき(小黒一正・法政大学経済学部教授)Part 6 今こそ企業の経営力高め日本経済繁栄への突破口を開け(櫻田謙悟・経済同友会代表幹事・SOMPOホールディングスグループCEO取締役 代表執行役社長)×土居丈朗(慶應義塾大学経済学部 教授)
  • 国際化の時代 真に必要なのは英語力より国語力(松井孝典・千葉工業大学学長・理学博士)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 偽情報で世界を攪乱 ロシアの「積極工作」
  • 電力は中国共産党の生命線 大規模停電にみる世論の「壁」(堀井伸浩・九州大学経済学研究院准教授)
  • 生活保護費に匹敵 コロナ禍「特例貸付」 1.3兆円の矛盾(大山典宏・高千穂大学人間科学部准教授)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(田野大輔) ユダヤ人虐殺を容易にしたナチ体制の「上下間の責任転嫁」
  • イノベーションを阻む“法律たち”(一色奈保) フリーランスの活躍を促す「クラウドソーシング」
  • CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人”~ (渡邉真理子)「公正な市場」「公正な競争条件」を 信念貫く経済学者 盛洪
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 危機をチャンスに変えた歴史 銀座「三笠会館」の新機軸
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 高専生ならではの着眼点 点字翻訳で社会を変える東京工業高等専門学校
  • アフリカの「未来」を囲う中国 日本は独自色で存在感示せ(佐藤裕視・明治学院大学法学部政治学科兼任講師)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 社員の社会貢献支援で困った
  • 世界の記述
  • ONCE UPON A TIME 「 歳」(生津勝隆)
  • 目次
  • 基盤揺らぐバイデン政権 今こそ求められる日本の“主体性”(秋元諭宏・米国笹川平和財団会長兼理事長)
  • 中国と本気で戦うインド 日本はどれだけ理解しているか(長尾賢・米ハドソン研究所 研究員)
  • 破裂寸前の国家財政 それでもバラマキ続けるのか 【マンガでみる近未来】高騰する物価に安保にも悪影響 財政破綻後の日常とは?(漫画・芳乃ゆうり 編集協力・Whomor Inc. 原案文・編集部) Part 1 現実味増す財政危機 求められる有事のシミュレーション(佐藤主光・一橋大学大学院経済学研究科教授)Part 2 「脆弱な資本主義」と「異形の社民主義」 日本社会の不幸な融合 【コラム】飲み会と財政民主主義(藤城 眞・SOMPOホールディングス 顧問)
  • COLUMN 1 お金の歴史から見えてくる人間社会の本質とは?(大村大次郎・元国税調査官)Part 3 平成の財政政策で残された課題 岸田政権はこう向き合え(土居丈朗・慶應義塾大学経済学部 教授)Part 4 “リアリティー”なきMMT論 負担の議論から目を背けるな(森信茂樹・東京財団政策研究所研究主幹)COLUMN 2 小さなことからコツコツと 自治体に学ぶ「歳出入」改革(編集部)
  • Part 5 膨らみ続ける社会保障費 前例なき“再構築”へ決断のとき(小黒一正・法政大学経済学部教授)Part 6 今こそ企業の経営力高め日本経済繁栄への突破口を開け(櫻田謙悟・経済同友会代表幹事・SOMPOホールディングスグループCEO取締役 代表執行役社長)×土居丈朗(慶應義塾大学経済学部 教授)
  • 国際化の時代 真に必要なのは英語力より国語力(松井孝典・千葉工業大学学長・理学博士)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 偽情報で世界を攪乱 ロシアの「積極工作」
  • 電力は中国共産党の生命線 大規模停電にみる世論の「壁」(堀井伸浩・九州大学経済学研究院准教授)
  • 生活保護費に匹敵 コロナ禍「特例貸付」 1.3兆円の矛盾(大山典宏・高千穂大学人間科学部准教授)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(田野大輔) ユダヤ人虐殺を容易にしたナチ体制の「上下間の責任転嫁」
  • イノベーションを阻む“法律たち”(一色奈保) フリーランスの活躍を促す「クラウドソーシング」
  • CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人”~ (渡邉真理子)「公正な市場」「公正な競争条件」を 信念貫く経済学者 盛洪
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 危機をチャンスに変えた歴史 銀座「三笠会館」の新機軸
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 高専生ならではの着眼点 点字翻訳で社会を変える東京工業高等専門学校
  • アフリカの「未来」を囲う中国 日本は独自色で存在感示せ(佐藤裕視・明治学院大学法学部政治学科兼任講師)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 社員の社会貢献支援で困った
  • 世界の記述
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『東京卍リベンジャーズ』から学ぶイノベーションの本質
  • さらばリーマン(溝口敦) ECサイトを舞台に女性の気持ちを掴んだ元俳優江戸英雅さん・ひなたライフ代表取締役
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣』 石井妙子
  • 一冊一会
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 「歴史の黄昏」の彼方へ 危機の文明史観 野田宣雄
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2022年05月25日

総合ランキング
2022年05月25日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play