トピックス  【重要】iOSアプリにおける不具合について [2020年07月13日]
 購入前に目次をご確認ください

Wedge 2020年12月号

ウェッジ / 2020年11月20日 / 全106ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 目次1
  • 目次2
  • 急浮上するベーシックインカム論 理念だけで語るな(中田大悟・RIETI上席研究員)
  • 脱炭素とエネルギー 日本の突破口を示そう PART1 パリ協定を理解し脱炭素社会へのイノベーションを起こそう(安井至・東京大学名誉教授)DATA データから読み解く資源小国・日本のエネルギー事情PART2 電力自由化という美名の陰で高まる“安定供給リスク”(大場紀章・エネルギーアナリスト)
  • PART3 温暖化やコロナで広がる懐疑論 深まる溝を埋めるには(三井誠・読売新聞東京本社編集局英字新聞部次長)PART4 数値目標至上主義をやめ独・英の試行錯誤を謙虚に学べ(山本隆三・常葉大学経営学部教授)COLUMN 進まぬ日本の地熱発電 “根詰まり”解消への道筋はINTERVIEW 小説『マグマ』の著者が語る 「地熱」に食らいつく危機感をもて(真山仁・小説家)、地熱発電分野のブレークスルー 日本でEGS技術の確立を(片瀬裕文・元経済産業審議官)
  • PART5 電力だけでは実現しない 脱炭素社会に必要な三つの視点(朝野賢司・一橋大学イノベーション研究センター特任講師)、永井雄宇(電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)PART6 「脱炭素」へのたしかな道 再エネと原子力は“共存共栄”できる(金子熊夫・外交評論家・元外交官)
  • 軍事研究が救った多くの命 学術会議は思考停止に終止符を(勝股秀通・日本大学危機管理学部教授)
  • 「反中姿勢」で与野党一致? 潮目が変わった台湾世論(井上雄介・ジャーナリスト)
  • 【特別企画:北朝鮮の核問題を考える】 米韓同盟は消える 日本は「二重鍵」核戦力もて(谷口智彦・慶應義塾大学大学院SDM研究科教授 前内閣官房参与)核保有国の北朝鮮と日本 ──INFオプション(リチャード・ローレス 元米国防総省副次官)
  • コロナ第二波にもがく欧州 「だから日本も危ない」は早計(宮下洋一・ジャーナリスト)
  • 各駅短歌(穂村弘) 蟻
  • 揺れる香港 揺さぶる中国 未来を変える日本の“決断”(楊建利・米NGO「公民力量」主宰者)
  • 時流仏流(鵜飼秀徳) 120年前に「終活」していた福澤諭吉
  • 日本でも実験始まるデジタル通貨 “黒船来襲”の前に議論加速を(井上哲也・野村総合研究所 金融イノベーション研究部主席研究員)
  • 世界の記述
  • 危ういトルコの内政ファースト エルドアン外交を注視せよ(今井宏平・JETROアジア経済研究所研究員)
  • 経済の常識vs政策の非常識(原田泰) 生産性向上に必要な需要拡大による人手不足
  • 道半ばの社会保障改革(土居丈朗) 「過去最大」の社会保障給付 現役世代の負担を軽減するには
  • 戦国武将のマネー術(橋場日月) 「押し貸し」に手を染めた大和豊臣家の末路
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 目次1
  • 目次2
  • 急浮上するベーシックインカム論 理念だけで語るな(中田大悟・RIETI上席研究員)
  • 脱炭素とエネルギー 日本の突破口を示そう PART1 パリ協定を理解し脱炭素社会へのイノベーションを起こそう(安井至・東京大学名誉教授)DATA データから読み解く資源小国・日本のエネルギー事情PART2 電力自由化という美名の陰で高まる“安定供給リスク”(大場紀章・エネルギーアナリスト)
  • PART3 温暖化やコロナで広がる懐疑論 深まる溝を埋めるには(三井誠・読売新聞東京本社編集局英字新聞部次長)PART4 数値目標至上主義をやめ独・英の試行錯誤を謙虚に学べ(山本隆三・常葉大学経営学部教授)COLUMN 進まぬ日本の地熱発電 “根詰まり”解消への道筋はINTERVIEW 小説『マグマ』の著者が語る 「地熱」に食らいつく危機感をもて(真山仁・小説家)、地熱発電分野のブレークスルー 日本でEGS技術の確立を(片瀬裕文・元経済産業審議官)
  • PART5 電力だけでは実現しない 脱炭素社会に必要な三つの視点(朝野賢司・一橋大学イノベーション研究センター特任講師)、永井雄宇(電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)PART6 「脱炭素」へのたしかな道 再エネと原子力は“共存共栄”できる(金子熊夫・外交評論家・元外交官)
  • 軍事研究が救った多くの命 学術会議は思考停止に終止符を(勝股秀通・日本大学危機管理学部教授)
  • 「反中姿勢」で与野党一致? 潮目が変わった台湾世論(井上雄介・ジャーナリスト)
  • 【特別企画:北朝鮮の核問題を考える】 米韓同盟は消える 日本は「二重鍵」核戦力もて(谷口智彦・慶應義塾大学大学院SDM研究科教授 前内閣官房参与)核保有国の北朝鮮と日本 ──INFオプション(リチャード・ローレス 元米国防総省副次官)
  • コロナ第二波にもがく欧州 「だから日本も危ない」は早計(宮下洋一・ジャーナリスト)
  • 各駅短歌(穂村弘) 蟻
  • 揺れる香港 揺さぶる中国 未来を変える日本の“決断”(楊建利・米NGO「公民力量」主宰者)
  • 時流仏流(鵜飼秀徳) 120年前に「終活」していた福澤諭吉
  • 日本でも実験始まるデジタル通貨 “黒船来襲”の前に議論加速を(井上哲也・野村総合研究所 金融イノベーション研究部主席研究員)
  • 世界の記述
  • 危ういトルコの内政ファースト エルドアン外交を注視せよ(今井宏平・JETROアジア経済研究所研究員)
  • 経済の常識vs政策の非常識(原田泰) 生産性向上に必要な需要拡大による人手不足
  • 道半ばの社会保障改革(土居丈朗) 「過去最大」の社会保障給付 現役世代の負担を軽減するには
  • 戦国武将のマネー術(橋場日月) 「押し貸し」に手を染めた大和豊臣家の末路
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • VALUE MAKER(磯山友幸) 「壊れても修理して使う」アンティーク時計の価値
  • さらばリーマン(溝口敦) ようやく見つけた自分の居場所 アメリカ仕込みのTシャツ職人(澤田佳久さんサムライTシャツ代表)
  • 新刊クリップ(足立倫行)
  • ノンフィクション再読のススメ(稲泉連) 『黒澤明 vs.ハリウッド』
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

総合ランキング
2020年12月03日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play