購入前に目次をご確認ください

MAGAZINE HOUSE MOOK Hanako特別編集 鎌倉びいきが教える鎌倉の答え。

マガジンハウス / 2022年05月17日 / 全99ページ

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

アジサイのシーズンや海が美しい夏を目前に、鎌倉はさらに輝きを増している。
有名な小町通り以外にも、小さな路地裏に個性的なお店が点在するほか、
営業時間が「日没まで」だったり週末のみだったりと、独自のルールがあるのが鎌倉。
深く知れば知るほど、その魅力に触れることができるのだ。

そこで、鎌倉が題材の小説、鎌倉に住む方、通っている鎌倉びいきの方々など、
それぞれの視点で鎌倉の魅力を教えていただくことに。
結果、コロナ禍の中でもオープンしたお店、老舗、
寺ごとのアジサイの見頃の時期など、
鎌倉びいきだから知っている、170をこえる鎌倉の「答え」が集まった。

ぜひ、本書から鎌倉にまつわる素敵な答えを導き出してみてください。

目次

  • 広告1
  • 目次
  • 鎌倉びいきが教える 鎌倉の答え。
  • ローカルの間で、評判の新しいこと。
  • 「ツバキ文具店」の作者 小川糸さんと鎌倉。
  • ローカルが教えてくれる
  • 江ノ電でめぐるカフェのある風景。
  • 鎌倉を愛する二人が選んだ、私の鎌倉。
  • 写真家・長野陽一さんが教えてくれた、いつもの定番。
  • 鎌倉の人が推薦する30
  • 映画『海街diary』の鎌倉ごはん。
  • アジサイ、仏像…。行っておきたい、鎌倉の寺社ガイド。
  • 鎌倉で名建築に触れる。
  • 訪ねてみたい、寺社と建築MAP AROUND KAMAKURA
  • エッセイ 鈴木涼美「問わばや遠き世々の跡」
  • いつまでもあり続けてほしい、私たちの「鎌倉遺産」。
  • 鎌倉好きが通う
  • おうちで鎌倉の味。秘密のレシピ。
  • 鎌倉&湘南
  • 奥付
  • 広告1
  • 目次
  • 鎌倉びいきが教える 鎌倉の答え。
  • ローカルの間で、評判の新しいこと。
  • 「ツバキ文具店」の作者 小川糸さんと鎌倉。
  • ローカルが教えてくれる
  • 江ノ電でめぐるカフェのある風景。
  • 鎌倉を愛する二人が選んだ、私の鎌倉。
  • 写真家・長野陽一さんが教えてくれた、いつもの定番。
  • 鎌倉の人が推薦する30
  • 映画『海街diary』の鎌倉ごはん。
  • アジサイ、仏像…。行っておきたい、鎌倉の寺社ガイド。
  • 鎌倉で名建築に触れる。
  • 訪ねてみたい、寺社と建築MAP AROUND KAMAKURA
  • エッセイ 鈴木涼美「問わばや遠き世々の跡」
  • いつまでもあり続けてほしい、私たちの「鎌倉遺産」。
  • 鎌倉好きが通う
  • おうちで鎌倉の味。秘密のレシピ。
  • 鎌倉&湘南
  • 奥付
  • 広告2
  • 裏表紙

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「エリア情報」
2022年06月27日

総合ランキング
2022年06月27日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play